スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

【はじめての本人登記シリーズ】
はじめての本人登記~プロローグ~
はじめての本人登記①~概要~
はじめての本人登記②~スケジュール~
はじめての本人登記③~建物表題登記~※今ココ


更新遅くなりました・・・
息子くん発信の風邪で一家総倒れでした・・・

またしても、ゆーさん♡いつもやる気スイッチありがとう!
と、遅くなりましたが、今回は建物表題登記について。

<建物表題登記とは?>
「新築の建物を登記簿に載せる」ための申請です。

<必要書類>
1.登記申請書
2.建物図面・各階平面図
3.住所証明書★
4.案内図
5.所有権証明書★

★がついた書類については
「原本還付請求」しますので、コピーしていきます。
申請時には原本とコピーを提出し、コピーには
「原本還付請求」※
「右は原本に相違ありません」※
と記載し申請者の記名・押印します。
(※は法務局にゴム印があるので、それを使えばOK~)
原本還付請求することで、原本を返してもらえまーす!
住民票はさておき、検査済証とか渡すわけにいかんしね。

では、1つずつ詳しく説明を~

1.登記申請書
法務局のHPからダウンロードできるのかな?
と思いきや!!!
なんと、テンプレートありませんでした・・・
なので、ネット情報を参考にして、Excelファイルで作りました!
(テンプレート必要な方は連絡くださいな♡)

左側が初回に作成した申請書
右側が2回の指摘後、最終的に提出した申請書
です。
(個人情報はマスクしてます~)
建物表題登記

変更点を見てみますね。。。
建物表題登記_注釈あり
①添付書類
 申請書の写しは、受領証をもらうために必要ですが
 ここには記載はいらないそうです。
 あと、証明書系の名称をそのまま書くようにとの指示でした。
 ちなみに、添付書類には「引渡証明書」とありますが
 引渡証明書に不備があるとの指摘を後日受けまして
 検査済証に差し替えました。
 なので、実際の申請書には、訂正印で直してあります。

②申請人
 私たちは土地も建物も持分を半々にしています。
 なので、申請人欄に持分2分の1ずつで記載していましたが、
 申請人は窓口に来る人。
 で、持分については⑦へ記載とのことでした。

③所在・家屋番号
 所在欄には住民票に記載されている正式な住所を書いて
 家屋番号には土地の登記簿に記載されている家屋番号を記載します。
 我が家の場合、住所は「○○番地○」という表記でしたが
 家屋番号は「○○番○」という表記でした。
 ややこしや~

④主たる建物又は附属建物
 建物1つしかない場合でも「主」の記載は必要らしい。です。

⑤構造
 確認申請書に記載してあった
 「木造ガルバリウム鋼板葺2階建」
 を記載していましたが、
 「木造合金メッキ鋼板葺2階建」
 と記載するように指示されました。
 ガルバリウムじゃおえんのか~

⑥床面積
 確認申請書では1階2階それぞれ41.405㎡なので
 登記の書類だと切り捨てなので41.40㎡になるそうですー!

こんなとこかな・・・
「登記原因その日付」は検査済証の日付を記載だよ!

2.建物図面・各階平面図
これが建物表題登記での一番の難関らしいんですが・・・
なんと我が家の場合、設計士さんに相談すると書いてくれることに!
「色々決まり事があって、めんどくさいですよ~」と
以下の注意事項を送ったところ、「こんくらい余裕です!」
とちゃちゃっと作成していただきました!神!!!

・建物の周囲の長さは、面積計算に使わなても必須
・右の各階平面図の面積計算に使う辺は記載
・二階の平面図で一階の形状は点線で必ず記載
・左の建物図は一階の形状のみ記載
・左の建物図は境界からの距離を二方向以上記入
・枠線は実は決まりがなく適当でOK

作成いただいたのがコチラ!
建物図面
修正箇所は「家屋番号」のみで、一発OKでした。
さっすが!!!

3.住所証明書
いわゆる「住民票」です。
旧住所での手続きにすると、建物の「住所変更登記」が必要になってしまうので
可能なら、新住所に住民票を移してからの申請の方が後々楽ですよ!

4.案内図
これは、GoogleMapとかでOK~
特に指摘もなかったです。

5.所有権証明書
基本的には
・建築申請書(表紙から第5面まで)
・確認済証
・検査済証
の3つでOKです!

が、検査から表題登記の申請までに時間がない場合は
まだ検査済証が発行されていないこともあります。。。

その場合は検査済証にかわり、「引渡証明書」でOKです!
しかし、我が家の場合、引渡証明書の
・工務店の住所が登記簿と異なる
・実印が印鑑証明されているものと異なる
と言われ、結局使えませんでした・・・
なぜかは工務店にも全くわかりませんでした。苦笑

で、建物表題登記ですが、本人申請する場合
お金はかかりません!!!
印紙代も不要です。ビックリ!

必要なのはやる気と時間だけ!
これから本人申請する皆様、がんばってください~!!!

ふぅ~、つかれた。

やる気スイッチ押してください♡
にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
本人登記 | コメント(6)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。