本日は家づくり?って感じではないんですが・・・

またまた家の鍵が開いている事件がおきました|д゚)
前回の記事はこちら・・・
本当にあった怖い話、とセキュリティを考える。

前回からたった1ヶ月。
旦那サマ的には閉めた!と言っているので
外部犯?と疑っている次第であります。
(ただ、何かを盗まれているわけでもない。)

まあ、単なる閉め忘れの可能性もあるけど・・・
どちらにしても1ヶ月で2回は怖い!
と思い、鍵対策を考えてみました。
(需要あるんかいな・・・笑)

1.ドアに施錠確認の張り紙をする。
張り紙

2.「鍵かけた?」というアプリに記録する。
(無料)

3.鍵に「ChecKEY」を付ける。
(1,000円前後)
ChecKEY.jpg
http://www.miwa-lock.co.jp/lock_day/lineup/checkey.html

4.「かけたよチャイム」をドアに付ける。
(1,500円前後)
かけたよチャイム
http://www.aiai-e.com/aegis/04_002.html

5.Qrio Smart Lock + Hubを導入する。
スマホで鍵の管理ができるシステム。
(25,800円 税別)
QrioSmartLock.png
https://qrio.me/store/smartlock-hub/

6.Akerun家庭用を導入する。
5.と同じく、スマホで鍵の管理ができるシステム。
(38,880円 税別)
Akerun.jpg
https://akerun.com/smartlock/

7.BOCCO+鍵センサを導入する。
帰宅した子どもとのメッセージのやり取りや、鍵の開け閉めを遠隔で確認するコミュニケーションロボット。
ドアの数が増えた時に安価で追加できる。
窓にも振動センサで導入可能。
(本体セット29,000円+各センサ1個につき3,980円 税別)
BOCCO説明
http://www.bocco.me/

ってな感じで、最後になるにつれてコストUPです。

ですが、個人的には1~3はあんまり意味なさそう。
締め忘れのチェックには少しは役に立つかもですが
すぐに慣れてしまって、アプリや鍵のチェックを怠りそうだし。
なにより、外部犯だった場合は、全く効果なし。

4のチャイムは値段も安いし、いいかな~
と思ったんですが、、、
Amazonのレビューに
「深夜にうるさい」と。。。
ほぼ毎日、帰宅が深夜な旦那サマがいる我が家には
不向きな気がします・・・。

5、6はスマホ自体が鍵にもできるタイプ。
オートロックや鍵の遠隔操作も可能。とのこと。
うん。便利そうやな。
でもわたし、スマホも鍵も持たずにゴミ捨て行ったりして
締め出しくらいそう~泣

7は鍵自体はそのままで、開け閉めのチェックがスマホで可能に。
プッシュ通知もあり。
メイン機能はコミュニケーションロボットの方らしいんだけど
まだ文字を読めない子どもへのメッセージにも便利。
そして、見た目もかわいい♡
BOCCO.jpg
しかも、APIを配布してくれるらしく、個人での追加開発が可能!
SE職のわたしとしては、とても気になる存在です♡
家を建てた際には、玄関+勝手口の2つになるし
その時に鍵センサだけ追加すればいいのは素敵じゃな~。
振動センサと鍵センサ以外にも部屋センサってのもあるらしい。
外出先から部屋の温度と湿度、照度がわかるんだって~

なにより、家に可愛いロボットがいるのは
夢があるよね・・・♡笑
(にゃんじ(ルンバ様)はカッコイイ系だけんね。)

と、まあ、個人的な気持ちは7に惹かれてますが、、、
正直、5~7は導入コストがな~。高い。
(夏のボーナスがたくさん入ったらアリかな~笑)
費用対効果はありそうだけど・・・
旦那サマの采配待ちです。

ブログランキングに参加しています!
ポチってくれたら励みになります♡

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村
その他設備 | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示